最近、ヤマハ・パシフィカを買いました。安くて造りもしっかりしていると評判のヤマハ パシフィカ。

 

価格が安いので初心者にお勧めと言う声も聞こえてきますが、実際、使った感じはどうなのか?率直なお話をして行きますね。

 

ヤマハ パシフィカに魅かれた理由

 

しばらく新しいギターを買っていなかった私。普段使っているギターが3シングルピックアップのストラトキャスタータイプなので、ハムバッキングのピックアップが付いたギターが欲しいなぁと思っていたんです。

 

 

そして、何故か急にyoutubeで盛んに紹介されだした“yamaha pacifica”が目にとまった訳。

 

 

で、私が購入したのは、

 

 

 

 

YAMAHA パシフィカ PAC611VFM Translucent Black

 

 

 

リアにハムバッキング、フロントにP90タイプの、共にセイモア・ダンカン製のピックアップがマウントされたトレモロアーム付きのモノ。

 

 

楽器店で試奏もせずに通販購入(時代だねぇ)

 

 

YAMAHA パシフィカ PAC611VFM Translucent Black は人気が有る様で、入荷待ちの店が多かったですね。

 

 

4件目で在庫ありの店をやっと見つけました。

 

 

ヤマハ・パシフィカですが、まずは見た目が好みなんだなぁ、特にフロントにP90って感じに惹かれます。

 

 

それと、動画で井上尭之さんが、特注のパシフィカを使っていて「弾きやすくて良いよ」と語っていた記憶もありまして・・・買ってしまったのです。

 

 

YAMAHA パシフィカ PAC611VFMの音は?使用感は?

 

では、ヤマハ・パシフィカの音について、私なりに感想を書いて行きますね。

 

 

自分の部屋で弾いてみた感想

普段、自宅で使っているギターアンプはPEAVEY BANDIT 112で、これにBOSS GT-100かZOOM G3を繋いで弾く事が多いです。

 

 

パシフィカのリアピックアップは、あまり出力を感じないですね。ハムバッキングの音色ですが、ブリブリッとしたパワー感は無く、クリーンでも使いやすいと感じました。

 

 

ピックアップをリアの状態でトーンコントロールを引っ張り上げると、コイルタップ機能が働いてシングルピックアップの音に変わります。

 

 

本物のシングルピックアップの音とは違いますけど(当然ですね)、コイルタップでシングルっぽい音にしても音の量感は大体同じ位。

 

 

グッと音量が下がって使いづらいという感じはありませんよ。

 

 

で、エフェクターで歪ませた音ですが、一言で言うと「抜ける音」。太さは勿論ありますが、ハイもしっかり出ていて「これはバンドでも抜けるワ」と、一人で弾いていてもしっかり確信を持てる音ですね。

 

 

ピックアップセレクターをセンターにしたリアとフロントのミックス状態では、フロントがP90という事も有り、2ハムのギターとはチョッと違います。

 

 

センターポジションでコイルタップさせても、不思議と音質はガラッとは変わりませんね。カッティング時に使う方が多いのでしょうが、私はコイルタップは使いません、そのままで使っています。

 

 

センターポジションで歪ませる場合、好みも有りますがクランチ位の歪みで弾くのが良いと感じました。

 

 

そしてフロントピックアップ。これは良い感じです。クリーンもドライブさせた音も好みだなぁ。フェンダー系のシングルピックアップとは違うP90独特のアタック感はイイなぁ。

 

 

クランチでもしっかり歪ませてもジャギャ~ンって感じで反応も良好です。

 

 

パシフィカは外観がストラトキャスターに近いフォルムですが、ボディーが若干小ぶりで、生音でローコードかき鳴らすとストラトより高音が出ている印象があります。

 

 

ライブで使用した時の感想

まだライブでは一度しか使ってないのですが、バンドの音と合わせた会場への出音について、客席で聴いていたギター仲間の感想をお伝えします。

 

 

パワーコードでのバッキングやクリーンカッティング、コーラスをたっぷりかけたアルペジオと、様々な音を使う曲達を演奏しましたが、ギター仲間の感想は「しっかり抜けてくる」「甘い音」の2つでした。

 

 

「抜ける音」についてはイメージして頂けると思いますが、「甘い音」については私自身チョッと意外に感じましたね。

 

 

後で会場録音した音源を聴きましたが、音のエッジはハッキリ感じられながら耳に痛い音域が少ないと言うか何と言うか・・・。

 

 

セッティングも勿論関係してますが、ストラトモデルを使っている時には言われた事がなかったので、程々のパワーのピックアップを程々に歪ませた結果なのかなと自分では思っています。

 

 

エフェクターのノリはとても良く、扱いやすいピックアップ出力はバランスが取れていて使いやすいですよ。

 

 

荒々しいリフがメインのハードロック系よりも、ボーカルを聴かせる感じの曲想にマッチしているかなぁ。

 

 

ヤマハ パシフィカ総評

 

パシフィカを私が購入した価格は、税込みで6万円を切る値段です。手にするまで「大丈夫かなぁ」という思いもありましたが、少し弾いてみて、その不安は一瞬で無くなりましたね。

 

 

正直な所、もの凄く良いって訳では無いですよ、でも、造りも弾き心地も普通で、頼りない感じは全く無い使いやすいエレキギターです。

 

 

ヤマハの楽器は昔から評価が高く、ベースギターは多くのプロミュージシャンがつかってますものね。

 

 

よく「パシフィカはエレキギター初心者におススメ」というフレーズを耳にしますが、価格が安いからでしょうか?

 

 

実際に買って使ってみて思うのは、10万円以下の予算で手ごろなギターを探すなら間違いなく候補に入れて良いです。

 

 

どの位の経験値までが初心者なのかよく解らないけど(笑)誰が使っても大丈夫なギターだと思うし、これからもどんどん使って行きますよ、私は。

 

カテゴリー
タグ