趣味

必ずできます!ピッキングハーモニックスの出し方を実演解説

ピッキングハーモニックスの出し方 趣味

ロックギターでよく耳にするピッキングハーモニックスは、リフやフレーズに表情を加えることができて好きです。

ここではピッキングハーモニックスの音・出し方をお伝えします。ピッキングハーモニックスって何?という方は、是非、確認してみてくださいね。

 

ピッキングハーモニックスの音は?こんな感じ

ピッキングハーモニックスは、弦をピッキングすると同時にピックを持つ親指の横あたりを弦に軽く触れることで出る「ピキ~ン」という音です。

まずは、実際の音を聴いてみて下さいね。

聴いたことのある音ですよね。
 私の中での”Mr.ピッキングハーモニックス”と言えばBOWWOWの山本恭司さんですね。スタジオ盤でも聴けますがライブの方がより多彩なニュアンスの音が楽しめます。

 

ピッキングハーモニックスの出し方

ではピックの持ち方をご紹介します。私の場合はこんな感じ。

ピッキングハーモニックス

 

普段の持ち方です。

 

 

 

 

 

ピッキングハーモニックスを出す時の持ち方です。

ピックを握りこむ様に人差し指と親指を曲げます。こうすると親指側面が弦に近づき振れやすくなります。

 

 

ピッキングする時の感覚としては

言葉で言うと「ピッキングする時に親指側面で軽く弦に触れる」となるのですが、ピッキングが先で次に親指ではなく同時に弾き触れる感じですね。

「親指側面を弦に振れるんだ!」とあまり強く意識しすぎず、普段のピッキングと同じ力加減でやってみて下さい。

やりながらピックを持つ人差し指と親指の曲げ方を少しずつ変えていくと必ずできる様になります。

練習する時の音色は歪んだ音で始めましょう。クリーントーンでも出せますが歪んだトーンの方が断然やり易いです。

 

ギターのハーモニックスポイントを探す

ギターにはピッキングハーモニックスが綺麗に出るポイントがあります。

左手で押さえたポジションとブリッジの間の弦長の何分の何という話なのですが、実際、弾きながら自分が押さえているポジションとブリッジ間の○/○は・・・なんて探していられないですよね。

ハーモニックスポイントは、ピッキング位置を少しずつズラしながら見つけるのが近道です。

やり方としては自分のギターのピックアップ位置を基準として探すのが良いですよ。

私は長年ストラトキャスタータイプのギターを使ってきましたが、センターピックアップの真上から少しネック側にズレた当たりに自然と手が行きます。

勿論、センターピックアップとリアピックアップの間など、他にもピッキングハーモニックスを出せるポイントはあるので、ピッキング位置を少しずつ移動しながら探っていきましょう。

 

ピッキングハーモニックストーンのバリエーション

ピッキングハーモニックスのトーンバリエーションによって音に様々なニュアンスを付けることができます。

「ピキ~ン」と完全に抜けきった綺麗な音や抜けきらないひっくり返った様な音など、自由に弾き分けられたら楽しいですよね♪

ピッキングハーモニックスは、自分のプレイに彩を与える奏法として、是非、身に着けたいものです。私も自由自在に「ピキ~ンピキ~ン」出せるよう練習を続けて行きますよ♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
壮年A太郎をフォローする
20世紀壮年の覚書き

コメント

タイトルとURLをコピーしました