エレキギターの歪んだ音でローコードを弾くと、音像がぼやけた感じになってしまいます。そんなローコードをくっきりした響きで弾く方法をご紹介しますね。

 

ギターの歪んだ音でローコードをくっきり鳴らすには

 

 

ローコードを弾く場合に、歪んだ音でもスッキリ締まった響きにするやり方は、押さえたコードポジションの上2つの音を4度間隔にする事です。

 

 

ローコードのEは、皆さんご存じの下のコードポジションで弾いてもぼやけた響きにはなりません。良くありますよね、Eでジャ~ンと弾く場面。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このEコードがジャ~ンとイイ感じに聴こえるのは、2弦解放Bの音から数えて1弦解放Eの音が4度上になるからです。

 

 

ギターの歪んだ音色の場合、4度間隔の2つの音は音像がぼやけず、くっきりした響きになるんですね。

 

 

これを他のローコードに応用すると

 

Gコード

 

 

 

 

 

 

 

 

Dコード

 

 

 

 

 

 

 

 

※Dコードは1弦を弾かない

 

Emコード

 

 

 

 

 

 

 

 

※構成音的にはEm7

 

 

 

こんな感じで、使ってみて下さい。

 

 

チョとした事ですが、ギターの響きが締まってバンドサウンドの中でも埋もれないジャキ~ンとした音に変わりますよ。

 

カテゴリー
タグ